A
標準

株式会社エー・アール・シー

お問い合わせ

TOP > IT導入補助金 > IT導入補助金で勤怠管理システムを導入しよう

IT導入補助金で勤怠管理システムを導入しよう

img01

平成29年度補正予算で500億円の補助事業が実施される予定です。
「サービス等生産性向上IT導入支援事業」のご案内

IT導入補助金とは、経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」のこと、中小企業者等におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入費用の補助を通じて、中小企業者等の生産性向上を目的とする事業です。
このIT導入補助金を利用することにより、労務管理システムREPPES導入費用の2分の1(上限額:50万円 下限額:15万円)が補助されます。

補助対象事業者とは?

足腰の強い経済を構築するため生産性の向上に資するITツールを導入する中小企業・小規模事業者等であること。


中小企業者とは


下記の表に掲げた通り基準があります。「資本金」「従業員数」のどちらかに当てはまっているかでご判断ください。

引用:平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金 交付規程より
(詳細は引用元をご確認ください)

補助対象となる費用とその金額、割合は?

(REPPESの導入費全てが対象となります。)

補助対象経費区分


補助対象経費の区分に対し補助率を乗じて得られた額の合計について、補助上限・下限額の範囲内で補助します。

補助対象経費区分 ソフトウェア、クラウド利用費、導入関連経費等
補助率 1/2
補助額 15〜50万円(※ 実質30万円以上の案件で補助対象となります。)

※補助金は、事務局から補助対象者に直接支払います。※補助金額の1円未満は切り捨てとします。


補助対象経費について


ソフトウェア製品/クラウドサービス


オンプレミス製品、クラウドサービスの他、ホームページ制作費用(社外・社内向け)が含まれます
※既存ホームページの一部更新や改修費用は補助対象外。
※クラウドサービスの利用料は納品日から1年分が補助対象。


オプション


ソフトウェア製品/クラウドサービスの導入に伴い必要となるオプション製品についても補助対象となります。 以下はその主な例。


  • ● 機能拡張製品
  • ● データ連携ソフト
  • ● ホームページ利用料(納品日から1年分までのレンタルサーバー費用等)
  • ● アカウントID追加
  • ● クラウド年間利用料追加

役務


ソフトウェア製品/クラウドサービスの導入に伴い必要となる役務についても補助対象となります。以下はその主な例。


  • ● 保守・サポート費(納品日から1年分までの保守や問い合わせ、サポートの費用)
  • ● 導入設定
  • ● 業務コンサルテーション(関連会社、取引会社への説明会等費用は対象外)
  • ● マニュアル作成
  • ● 導入研修
  • ● セキュリティ対策

事業スキーム

IT導入補助金は、以下のスキーム図のように、『中小企業・小規模事業者等(補助事業者)』・『IT導入支援事業者』・ 『経済産業省・IT導入補助金事務局』の3者で遂行されます。

申請・手続きの概要

中小企業・小規模事業者のみなさまとITベンダー・サービス事業者のみなさまで、行っていただく申請・手続きの内容が異なります。下記の申請・手続きの概要をご確認ください。

 

「交付申請」「事業実績報告」「事業実施効果報告」は、中小企業・小規模事業者のみなさまに作成(入力)いただいた内容を元に、ITベンダー・サービス事業者のみなさまより代理申請する形で行っていただきます。
ITベンダー・サービス事業者のみなさまにより作成された申請・報告情報は、中小企業・小規模事業者のみなさまの確認・承認手続きを経て、事務局への提出が完了します。

さらに詳しく知りたい方は
下記よりお問い合わせください

お問い合わせ
img08

こんなお悩みありませんか?

img03

REPPES(リップス)とは?

img04

REPPES(リップス)でできること?

打刻機能

自社向け勤務表と客先請求用の区分打刻が可能!

img05

承認機能

ペーパーレス承認・代理申請・インポート機能

出張交通費、申請書類機能

「料金検索サイトと連携!」「承認者の確認工数を大幅削減」

img06

工番管理機能

「プロジェクト関係者」「プロジェクト情報」「作業予定工数」「各関係者の作業時間」「各プロジェクトの総作業時間」「社内業務作業時間」「実働時間」「原価管理」なども可能です。

img07

価格

基本料金(月額)

¥25,000/月〜
※〜50名まで
(100名以上ご利用の際は相談ください。)

初期費用

¥50,000~
※データ移行
マスタ作成費

サポート体制

FAQ
サポート窓口
(平日 9:00~17:00)

お客様の声

img-voi01

Excelの時は総務で設定した関数を個人が消してしまうことで計算ミスが頻繁にあったが、自動計算されるようになり9割減となった。
→手動修正した日は計算ミスしている時もあるが、手動計算したところは赤文字で表示される為、確認が楽。

過去の交通費や勤務表を簡単に確認できる為、探す手間が省ける。

同じ打刻データで客先用/社内用それぞれを出力出来るので、勤務表を請求用/残業集計用に2枚作る必要がなくなった。

勤務表に修正が入った場合も、こちらで修正できるので工数がかからない

請求処理が迅速になった

紙の出力が少ない為、保管スペースが最小限で済む ⇒ キャビネットの1段が空くようになった

手動でデータ化していた残業時間の集計が自動で行えるので、転記ミス0件となり、作業時間削減につながった

勤務区分等期間の登録があるため、未来の修正も行えて修正忘れが減少した

勤務表の印刷が不要になり、コスト・作業時間削減につながった

客先用の勤務表フォーマットが登録できるため、登録者の手間が省けている

勤務表上で手修正した箇所が一目でわかる為、確認作業の負担が減った

従来の紙管理に比べ、遠地(テレワーク)での集計作業も可能となった

過去データの確認が素早く正確に行えるようになった

交通費の支給済・未済を支払者側で管理することが容易になった

img-voi02

勤務表関連、交通費関連の申請が一つのページでできるため効率が良い。

情報の抽出がスムーズで、確認したい情報を即座に閲覧できる。

確認が必要な個所をエクスクラメーションマークで表示してくれるため、見落としの防止に効果的。

勤務地毎に異なる煩雑だった勤怠データの集計が格段にスピードアップした。

3日ほど掛っていたタイムカード、EXCEL集計作業が、システム導入後2時間で完了し労働生産性がアップした。

従来の紙管理に比べ、1/10の時間で集計作業が可能となった。

課員のリアルタイムな勤務時間が把握できるため、適切な労働時間管理が可能となった。

時間外労働、休日残業など、煩雑な勤務形態を気にする事なく、集計ミスもなくなった。

申請、承認機能により、管理者の負担が減った。

EXCEL管理に比べ、印刷作業がなくなり、コスト削減につながった。

ペーパーレスになり印刷代を削減することができました。

PCのスタートアップに登録することで出社時すぐに打刻できます

前月交通費をコピーできるので、定期的に発生する交通費の入力は手間が省けました。

休暇届と勤務表の紐づけにより申請漏れを防ぐことができました

img-voi03

外部へのインターネット接続ができない環境での客先常駐中でもExcelデータをインポートできるので申請が楽になりました。

客先常駐メンバーが帰社して承認印を押印する時間が削減されました

メンバーから申請があるとメールでお知らせしてくれますので即時承認処理が可能になりました。

自分の承認タスクが一目で分かるので助かりました。

ペーパレス!印刷代が削減できます。

WEB化!管理者(承認者)のチェック、修正などの管理工数・交通費が削減できます。

すごい!客先毎の請求フォーマットの取り込むが可能です。

ノーミス!承認待ちタスクが一覧でわかるので承認漏れが無くなります。

打刻や提出がワンクリックでできるので、業務の時間を無駄にすることがありません。

提出の際、自身へのメール送信が選択できるため、提出ができたかどうかを確認・記録に残すことができ、安心します。

交通費申請の記入の際、クリック一つで出発駅と到着駅が入力された状態でサイトに飛ぶので、手間が省ける上にすぐに正しい交通費が確認できて便利です。

交通費申請の際、支払区分で振り込みか現金かを選択できるので、現金ですぐ必要な時も、直接面と向かってお願いするよりも気まずくならないです。

作業日報で客先向けと本社向けがクリック一つで切り替えられ、提出する勤務時間が異なる場合も、日付指定でそれぞれ編集できるので簡単です。(常駐先で早めの帰宅を司令された場合、客先向けには早い退社時間、本社向けには定時の退社時間を提出できる)

さらに詳しく知りたい方は
下記よりお問い合わせください

お問い合わせ
  • 資格・認証
  • 大井町めぐり
  • スタッフブログ