個人情報保護方針 品質/情報セキュリティ方針

Privacy Policy

個人情報保護方針

Privacy policy

  • 株式会社エー・アール・シーの業務に従事する全ての者は、個人情報保護に関するコンプライアンスプログラムを遵守する事で個人情報を適正に管理し、お客様に信頼される企業であり続ける。

  • 個人情報の収集、利用及び提供に関する方針

    • 1. 適法且つ公正な手段により収集する。

    • 2. 直接収集する際は目的を明確にし、事業目的を達成する為に必要最低限の範囲内で実施する。
      現在の当社における個人情報とその利用目的は下記の通りとする。

      個人情報の種類 利用目的
      当社へ入社を希望される皆様に関する個人情報 ・面接・選考・入社内定者への連絡 ・問い合わせ又は依頼の回答
      社員の個人情報 ・労務、給与、社会保険、健康、福利厚生等に関する
      管理業務
      ・プロジェクト受注に対する営業活動(業務経歴等)
      お取引先の皆様に関する情報 システム設計、ソフトウェア開発、運用、保守
      ネットワーク/サーバー設計、構築、施工、運用、保守
      コールセンター、ヘルプデスク、教育関連
      当社事業内容におけるお取引先との連絡、協力、交渉、
      契約の履行、履行請求等

      上記の目的に必要な範囲で、お取引先などに委託することがあります。
    • 3. 直接収集する際は目的を明確にし、本人の同意が得られない限り行わない。

    • 4. 受託業務によりお預かりした個人情報は厳密に管理し、締結した契約範囲内で利用を行う。又、契約終了時は適切に返却もしくは処分する。

    • 5. 委託業務により個人情報を提供する際は、当社と同等の管理基準を契約により義務付け、適切に管理する。

    • 6. 当社はお客様からお預かりした個人情報を、正当な理由無く他社及び第三者に提供しない。

  • 個人情報の適正管理に関する方針

    当社は個人情報に対する不正アクセス、紛失、破壊、改竄及び漏洩を防ぐための行動規範と、具体的ルールを
    策定する。又、このルールは効力を見定め定期的に見直す。

  • 個人情報保護に関する法令及びその他の規範の遵守に関する方針

    当社は個人情報保護に関する法令及び、JISQ15001に準拠した当社策定のコンプライアンスプログラムに従い
    個人情報を取り扱う。

  • コンプライアンスプログラムの継続的改善に関する方針

    当社は個人情報の取り扱いに関して、個人情報に関するガイドラインや法令の変更等に柔軟な対応を行い、定期的に実施する監査結果を鑑みながら継続的にコンプライアンスプログラムを改善する。

2005年5月21日 制定 2022年10月1日 改定
株式会社エー・アール・シー 代表取締役 太田 貴之

【個人情報に関する苦情・相談窓口】

〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-2 株式会社 エー・アール・シー 経営本部 個人情報問合せ係 メールアドレス:compliance@arcjp.com TEL:03‐3450‐3881 (受付時間 9:00~17:30) FAX:03‐3450‐3890

【認定個人情報保護団体の名称及び苦情の解決の申し出(第三者機関)】

〒108-0074 東京都港区高輪2-15-8 一般社団法人 日本個人情報管理協会 個人情報保護苦情相談室 TEL:03‐4415‐2031 (受付時間 9:00~17:30) FAX:03‐4415‐2032 ※当社の商品・サービスに関する問合せ先ではございません。 当社商品サービスへの苦情相談は当社個人情報・苦情相談窓口へご連絡ください。

品質/情報セキュリティ方針

Security policy

  • 心得

    株式会社エー・アール・シーは顧客満足度向上を最重要課題とし、事業活動を通して社会の物心共の豊かさに
    貢献する。
    その実現に向け当社は顧客とのコミュニケーションを深耕すると共に、必要な法規・法律上の要求事項を
    遵守し、品質及び情報セキュリティに関するマネジメントシステムを確立・実行・維持し、さらに継続的に
    改善する。
    また、納期の順守かつ高品質なサービスを提供し、セキュリティを維持し続けることでお客様に信頼される
    企業であり続ける。

    • 1. この心得を、「顧客満足」のための活動の一環として定める。

    • 2. QMS(品質マネジメントシステム)及びISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)が、法令ならびにお客様の要求事項に常に適合し、有効に機能するように継続的に改善する。

    • 3. QMS及びISMSに関わる目標は、顧客満足のために有効かつ基本的な事項について設定しその成果は経営層が定期的に評価を行う。

    • 4. この心得を全社員に周知し、理解させる。

    • 5. この心得が適切であるように、定期的に見直しをする。

2001年10月12日 制定 2022年10月1日 改定
株式会社エー・アール・シー 代表取締役 太田 貴之